セーフガードポリシー

「セーフガードポリシー」を策定しました。

2020年12月、私たちは「セーフガードポリシー」を策定いたしました。私たちS.C.P. Japanはスポーツや運動を通じて「一人ひとりが自分らしく歩んでいける未来を創る」というビジョンの達成を目指して活動している団体です。私たちは、障害の有無、人種、肌の色、性別、性的指向、言語、宗教、政治的な意見、出身、出自、経済レベル、その他の身分などのいかなる理由による、いかなる種類の差別に反対し、基本的人権を守らなければなりません。

スポーツや体育の現場は、国内に限らず暴力や虐待、ハラスメントが絶えません。指導者と選手、ファシリテーターと参加者との間で力の差が生まれやすく、閉鎖的なスポーツや体育の現場は、暴力、虐待、ハラスメントの温床になりやすいことが多くの調査で明らとなっています。日本でも暴力事件は後を経ちません。

近年、国際オリンピック委員会(IOC)をはじめとする国際スポーツ団体から、多くの草の根スポーツプログラムに至るまで、セーフガードポリシーの策定とその運用が推奨されています。さらに、International Safeguards for Children in Sport (スポーツにおける子どものための国際保護措置)によって、毎年8月8日が「安全なスポーツの日(#SaferSportDay)」に定められ、スポーツ現場における安全と安心を保つ責任が啓発されています。

共生社会を目指して、ダイバーシティ&インクルージョンの推進にスポーツや運動を通じて取り組む私たちは、このようなスポーツの負の側面に目を逸らさず、あらゆる暴力・虐待・ハラスメントを未然に防ぎ、私たちのプログラムに安心してご参加いただけるような環境を整える義務があると考えています。そのため、この度、「セーフガードポリシー」、「行動規範」、「セーフガード報告の取り扱いについて」を策定いたしました。

活動にあたりS.C.P. Japanのメンバーはこの方針を遵守し、多様化するあらゆる危害から子どもたちを始めとする参加者を守る意識をより一層高め、一人ひとりが自分らしく歩んでいける安全な未来をつくるため、さらに力を入れて取り組んでいきます。

※「子どもと若者のセーフガーディング最低基準のためのガイド」から引用