認定指導者フォローアップ

バルサ財団と協働でバルサ財団 Methodologicalコーディネーターの井上を中心に、FutbolNet方法論認定指導者に対するフォローアップ活動を行っております。FutbolNet方法論認定指導者とは、バルサ財団が実施するFutbolNet方法論指導者講習会の全プログラムを受講され、修了証を発行された方のことです。FutbolNetは方法論であり、日々の活動に柔軟に取り入れることができます。認定指導者はFutbolNet方法論を活かし、障がいの有無に関わらず誰もが参加をしやすい運動・スポーツ活動の普及・推進が期待されています。

2019年と2020年にバルサ財団はFutbolNet 方法論指導者講習会を日本で開催しました。講習会を受講された参加者の方々の中には、講習会終了後FutbolNetの考えを日々の活動に取り入れ、スポーツにおけるインクルーシブな環境の整備に積極的に努められている方々がいます。私たちはそのような団体・チームをフォローアップ訪問し、バルサ財団FutbolNet方法論の最新の情報をお届けしたり、より良い活動とするために情報交換をしたりすることで、FutbolNetが日本の各地域にあった形で広がっていくことを目指しています。

井上由惟子
バルサ財団 Methodological コーディネーター

2019年に日本で初めて行われたバルサ財団のイベント(ソーシャルインクルージョンフェスティバル)に現地調整役として携わり、2020年から正式にバルサ財団の日本プロジェクトにおけるMethodologicalコーディネーターに。FutbolNetプログラムの実践を通して子ども達と関わりながら、全国にいるFutbolNet認定指導者のフォローアップ活動を行っています。S .C.P. Japan共同代表。


フォローアップ団体・チームのご紹介

フォローアップを実施させていただいている団体・チームを紹介します。(50音順)
活動名をクリックしていただきますと、各実施団体・チームのHPへ飛んでいただけます。
フローアップ団体・チーム情報は日々更新されます。

Solum(ソルン)さんからは多くのコーチがFutbolNet方法論指導者講習会を受講され、受講後すぐにFutbolNetを取り入れた活動を開始されました。もともとアダプテッドスポーツや特別支援教育の専門知識がある経験豊富なコーチ陣が揃っており、スペインで生まれたFutbolNetと日本のインクルーシブ教育の融合を図って活動を展開してくださっています。


障がいの有無を超えたインクルーシブ型フットサルチーム「デフィオ」の選手が教えるフットサル教室が「チャレンジフットサル教室」です。この活動を中心となって展開しているのが2020年にFutbolNet指導者講習会を受講された泉コーチです。新型コロナ感染症拡大の影響でオンライン開催となっている同プログラムですが、FutbolNet方法論を活かした取り組みを継続してくださっています。


一般社団法人はーとプロジェクトが実施をされているフットサルスクールISIF(アイシフ)。メインコーチを務める影山コーチは2019年度にFutbolNet方法論指導者講習会を受講され、講習会終了後から積極的にFutbolNet方法論を取り入れた活動を展開してくださっています。FutbolNetの5つの価値観に基づき、フットサル教室の中にFutbolNetで大切とされている「対話」の時間を多く取り入れたプログラムを実践されています。


FutbolNet方法論ミニ講習会

フォローアップ団体・チーム等を中心にご要望があった際には、そのチーム・団体のスタッフ様向けにFutbolNet方法論のミニ講習会を実施することがあります。この講習会は、参加者の方に修了証が発行されるものではありませんが、FutbolNet方法論の考え方を知っていただくことで、団体・チームに所属する方々が連帯して活動が行われることをサポートするものです。

2019年のFutbolNet方法論指導者講習会参加者の方から「放課後等デイサービスの活動にFutbolNetを取り入れたいから他スタッフの方にも講習をして欲しい」という熱い打診をいただき、ミニ講習会が実現しました。3時間という短い時間ではありましたが、約30名のスタッフの方に講義と実践を通してFutbolNetの考え方をお伝えさせていただきました。


フォローアップ活動に関してのお問合せは以下よりお気軽にご連絡ください。