【報告】グローバルキッズメソッドさんのフットサルイベントに参加をさせていただきました。(2020.9.26)

9月26日に栃木県真岡市で行われたグローバルキッズメソッドさんのフットサルイベントへ弊団体から井上、繁浪、野口の3名が参加をさせていただきました。

当日は50名弱の子供たちが参加をしてくださいました。少しだけレクチャータイムをいただき、子供たちにボールと親しんでいただいた後、最後には試合を行いました。

グローバルキッズメソッドの皆さま、この度はお声がけいただき誠にありがとうございました。

【報告】働く女性のためのステップアップ講座2020(北九州)の公開講座に登壇させていただきました。(2020.9.5)

9月5日(土)に福岡県北九州市の「働く女性のためのステップアップ講座2020」の公開講座に代表の野口が登壇させていただきました。

イベントページ

私は「スポーツを通じて見えたジェンダー課題とキャリア形成」という題目でスポーツに見られるジェンダー課題を私のこれまでのキャリア形成と絡めながらお話しをさせていたただき、そして最後にエンパワーメントの必要性を理論も交えて紹介させていただきました。

今年は「働く女性のためのステップアップ講座」が10周年を迎える記念すべき年だったようです。10年間ビジネス界の女性リーダー育成を真摯に実直に積み重ねてこられた様子が関係者、受講生、修了生から伝わってきました。この地道な1歩ずつのアクションの継続こそが重要なのだと改めて感じることができました。

ビジネス現場で活躍する女性になぜスポーツの話を?と思う方も多いと思います。ビジネス現場のD&Iは組織や業界の中だけで変化が起きるものでもありません。組織が変わるためには社会が変わる必要があり、社会が変わるために組織が変わる必要があります。東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会によってスポーツに関心が高まっている中、スポーツという社会・文化的な現場からジェンダー課題を考えてみることで、いかに企業組織の課題と社会の課題が関係性に意識を向けていただき、組織と社会への両アプローチでD&Iについて考えるきっかけになったらと思いお引き受けさせていただきました。

北九州市立男女共同参画センター・ムーブ様、株式会社サイズラーニング様、この度は誠にありがとうございました。

【報告】クラーク記念国際高等学校教員の皆さまにLGBT研修を実施させていただきました。(2020.8.21)

8月21日にクラーク記念国際高等学校の教員の皆さまにLGBT研修を実施させていただきました。

まずは、SOGI(Sexual Orientation Gender Identity)についての基礎知識と文部科学省の方針やLGBT当事者学生の状況を調査した報告書や研究から情報を整理してお伝えしました。

また、今回は当事者アスリートとして、フットサルチームに所属しているMeimi Tomochikaさんを招いて、Meimiさんのライフストーリ―を掘り下げて、当事者の学生生活を考えていただきました。Meimiさんとは昔ながらのサッカー仲間、留学仲間です。これからXジェンダーアスリートとして、LGBT関連の発信に力を入れていくそうなので、注目です。(Meimiさんについての詳細は以下のボタンをクリックしてください)

クラーク記念国際高等学校の教員の皆さま、大変積極的に参加いただきましてありがとうございました。普段の雰囲気の良さが画面越しに伝わってきました。お声かけいただいた青山先生どうもありがとうございました!

【報告】指導者サロンのトークイベントで女子サッカーについてお話させていただきました。(2020.6.18)

6月18日(木)に指導者サロンさんのトークイベントで、共同代表の野口が、.WEリーグや女子サッカーのことについて、お話させていただきました。指導者サロンはサッカーに関わる沢山の方がつながっていて、女子サッカーの発信も積極的にされているオンラインサロンです。今はSNSで指導者の皆さんが繋がれ、学び合える環境があって素晴らしいです。

その後は、そのまま、stand.fmでサッカー選手をしていた時のお話をさせていただきました。様々な国で、様々な国出身の監督と、様々な国で育成年代を過ごした選手たちとプレーできたことが、何よりの財産となっています。

こちら音声は、公開されていますので、気になる方は聞いていただけると嬉しいです。

指導者サロンのルーシーさんにお声かけいただき、今回お話させていただくことになりました。ありがとうございました。ルーシーさん(@mtmtchk)は女子サッカーの話を指導と理学療法士の視点から発信されていて、勉強になりますので是非チェックしてみてください!

【報告】日本ラグビー協会タレントアイデンティフィケーション(TID)女子代表スタッフ向け、ジェンダーセッションを開催しました。(2020.6.11)

6月11日(木)に日本ラグビー協会タレントアイデンティケーション(TID)女子代表指導者・関係者向けにスポーツとジェンダー・セクシュアリティの入門編セッションを実施しました。

まだまだ、スポーツ団体におけるジェンダー・セクシュアリティ研修は多くない中、今回お声掛けいただけたことは、先駆的な取り組みだと思っています。こういったスポーツ団体が増え、選手のみならず、スポーツに関わる指導者、関係者がジェンダーとセクシュアリティの違いに関わらず、安全・安心に1人1人の能力が最大限発揮できるスポーツ文化になっていってほしいです。

以下のテーマを中心に45分の講義と45分のQ&Aセッションを実施しました。
・ジェンダー・セクシュアリティとは
・スポーツ界に見られる「男らしさ」とジェンダー課題
・ジェンダー・セクシュアリティによる差別のないチーム文化の作り方
・選手からカミングアウトを受けたら?

沢山のご質問も頂きました。
スポーツに特化したLGBTQI当事者支援団体はまだ日本には存在していません。
こういった研修のQ&Aを通じて多くの意見を聞きながら、S.C.P. Japanとしても日本の組織・スポーツ文化に見られる知見を積み重ねていきたいです。

日本ラグビー協会タレントアイデンティフィケーション(TID)女子代表スタッフの皆さん。この度はお声かけいただきまして、ありがとうございました。